この世の中にたくさん存在する不動産について

ルール

不動産のルール作りとは

ひと昔前の不動産業界は、悪質かつ強引に契約に持ち込もうとする輩が後を絶たない状態でした。そのため、行政としては顧客である国民の財産を脅かす不動産屋を規制する法律が必要だとする考えに及んでいくわけです。本来、民放には「契約自由の原則」という考え方があります。これは「民間人間の間での取引は余程のことでない限り規制がかかることなく自由である」というものです。しかし民法の考え方を不動産屋と一般消費者の間の契約に適用させると、不動産について何ら知識のない一般消費者が損害を被ることは目に見えており、バランスんを失しています。そこで[宅建業法」という民法の特別ルールを制定したわけです。この法律が制定される前は、一般消費者が非常に不利な契約を結ばされているケースが後を絶ちませんでした。

開業のための免許制度

不動産の「免許制度」とはいったいどのようなものでしょうか。本来、資本主義社会のなかで商売は自由に行ってもよいことになっているはずです。しかし、市場が自由にすることによりルールを守れない者が出てくるのは必然といえるでしょう。これは、例えていうなら車社会と同じことです。車を自由に乗ってよいことにするとルールを無視して信号無視やスピード違反を犯すものが増えると予想できます。ですから、車に乗るためには規則を守れることを条件にして、条件をクリアした者しか運転できないとすることで秩序の安定を図っているのです。同じようなことが不動産業界にもいえるわけです。ある一定の基準をクリアした人でないと取引できる免許を与えないとしているわけです。